即日発行セゾンカード・インターナショナル&ETCカードの作り方とカードスペック

MENU

セゾンカード・インターナショナル&ETCカードの概要と作り方

セゾンカード・インターナショナル&ETCカード画像

「セゾンカード・インターナショナル&ETCカード」公式申し込みサイト
●セゾンカードが最短即日発行対応(当日発行)している『セゾンカード・インターナショナル』です。
●クレジットカードもETCカードも年会費無料です。
●申し込める方は、高校生を除く18歳以上ですから、大学・大学院・短期大学・専門学校・高専4・5年生の学生の方も申し込めます。
●未成年の学生の方は、親権者の同意が必要です。
●クレジットカードもETCカードも店頭受け取り最短即日発行しています。郵送受け取りの場合も最短3営業日発行となっています。

【ETCカードを即日発行で受け取る場合の注意点!】

後述の『セゾンカード・インターナショナル』ETCカードの作り方で記載していますが、ETCカードも即日発行で受け取りたい場合は、申し込みの際に、申し込み画面で「ETCカードを申し込まない」の方へチェックを入れてください。
「ETCカードを申し込む」にチェックを入れると、ETCカードの受け渡しが郵送となってしまうからです。

ちょっとややこしいですが、ETCカードの即日発行を希望する方は、申し込み画面で、「ETCカードを申し込まない」の方へチェックです!

セゾンカード・インターナショナルを『セゾンカウンター』で受け取る時に、カウンターの係員さんへ「ETCカードも作りたい」旨、お伝えください。
そうすれば、その場(セゾンカウンター)で、ETCカードの発行がされます。

セゾンカード・インターナショナルの特長(ここがいい!)

●ネット申し込み後、セゾンカウンター受け取りで最短即日発行できる。
●カード利用で貯まる「永久不滅ポイント」は有効期限がないのでじっくり貯められる。。
●「クイックペイ(QUICPay)」「iD」利用分もポイントが貯まる。。
●毎月5日・20日は、西友・リヴィン・サニーで5%割引きで買い物ができる。

 

『セゾンカード・インターナショナル』は、クレジットカードもETCカードも、申し込んだ当日中に受け取れる最短即日発行対応ということで、急ぎでクレジットカードやETCカードを作りたいという方に人気です。
ネットから申し込んで、全国のクレディセゾン系の店舗にある『セゾンカウンター』で受け取るというシステムで即日発行を実現しています。→「セゾンカウンター検索ページ」

近くに『セゾンカウンター』がない方は、郵送受け取りでも最短3営業日発行ですので、約1週間から10日で受け取ることが可能です。

それと、もう一つの魅力的な特徴としては、カード利用で貯まるポイントが『永久不滅ポイント』と言って、ポイントに有効期限がない、つまり無期限ということで、じっくりポイントを貯めて使うことができます。それと、ポイントの交換先が豊富なのも魅力です。

また、カード会員は、セゾン系の西友・リヴィン・サニーで、毎月5日・20日は5%割引きで買い物ができるのもうれしい点です。

では、『セゾンカード・インターナショナル』の概要の詳細と作り方(申し込みの流れ)について解説しますね。


『セゾンカード・インターナショナル』の概要

カード年会費
●クレジットカードもETCカードも年会費無料です。

●4枚まで発行できる家族カードも年会費無料です。

申し込み資格
18歳以上(高校生は除く)で電話連絡が可能な方で、セゾンカードの提携する金融機関に決済口座をお持ちの方に限りお申し込みいただけます。
専業主婦でも学生でもお申し込み可能。つまり、大学・大学院・短期大学・専門学校・高専4・5年生の学生の方も申し込めます。
未成年の方は、親権者の同意が必要となります。

セゾンカードの提携する金融機関とは、都市銀行、地方銀行、第二地銀、信用金庫、労働金庫、商工組合中央金庫、信託銀行(一部除く)、信用組合(一部除く)、農協(オンライン対応農協)、ゆうちょ銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行、イオン銀行、ジャパンネット銀行、新生銀行、あおぞら銀行、セブン銀行、じぶん銀行です。

カード発行までの日数
クレジットカードもETCカードも、『セゾンカウンター』受け取り最短即日発行可能
郵送受け取りの場合は、最短3営業日

カード利用可能枠
具体的な利用可能枠は、審査により決定され、カード発行時に通知されます。
学生の場合は、最高30万円

卒業後は
「セゾンカード・インターナショナル」は、一般カードですので、卒業後も引き続き使い続けられます。
社会人となって安定的継続的な収入を得ることで、カード利用可能枠の上限も引き上げられます。

全国の西友・リヴィン・サニーで5%OFF
毎月5日と20日は西友・リヴィン・サニーで、カード決済で買い物をすると、食料品から衣料品まで5%割引きになります。
主婦の方を中心に、この5%割引きのためにカードを作られる方もいます。

国内・海外旅行ツアー割引
セゾンカードはカード会員向けに、「tabiデスク」を提供していて、
海外旅行は、レインボーツアーが8%割引き、JALパック・ANAハローツアー・クラブメソッド・プレイガイドツアー・日本旅行マッハ・ユナイテッドホリデーズ・デルタバケーション・ウイッテイが5%割引き、JALパックスペシャル・エヌオーイー、日本旅行のベストエクセレントとベスト・ワールドパック・西鉄旅行ハッピーツアー・名鉄観光サービスパノラマ・トップツアー・ガルーダオリエントホリデーズ・ウイッティスペシャルが3%割引きで利用できます。

国内旅行は、クラブメソッド・ANAスカイホリデー・JALパック・ビッグホリデー・南西楽園ツーリスト島時間が5%割引き、日本旅行赤い風船・郵船クルーズ・商船三井客船クルーズ・日本クルーズ客船が3%割引きで利用できます。

ツアー旅行をされるのでしたら、これらの割引サービスで申し込まれるといいですし、カードのポイントも貯まるのでお得です。

海外アシスタンスデスク
海外旅行先での日本語で旅のサポートをしてくれるサービスです。
●現地の観光情報、ホテル、レストランの紹介、各種交通機関案内。
●レストラン、オプショナルツアー、レンタカー、各種チケットなどのご予約・手配。
●旅先でのカードやパスポートの紛失・盗難時サポート、事故・トラブル時の各種手配&アドバイスなど。
これらのサービスが無料で受けられます(実費・手数料を要するものもあります)。

チケット予約サービス
カード会員向けに演劇・コンサート・スポーツ・イベントなどのチケットを販売する「イープラス」を提供していて、人気の公演チケットを先行予約や優待割引など会員様限定特典の提供もしています。

『セゾンカード・インターナショナル』のポイントについて
セゾンカードのポイントはセゾンカード・インターナショナル含めて「永久不滅ポイント」という名称です。

ポイントの獲得
●通常は、ショッピングや飲食、ETCカード利用、電気料金など公共料金の支払い、これらのカード利用「1000円ごとに1ポイント」が付きます。
「1ポイント=5円相当」です。したがいまして、還元率でいうと0.5%となります。
ポイント還元率は0.5%、一般的なクレジットカードのポイント還元率です。

電子マネー「iD」「クイックペイ(QUICPay)」利用分にも、「1000円ごとに1ポイント」付きます。利用金額は、カード利用代金として引き落とされます。
「iD」「クイックペイ(QUICPay)」の利用は、対応する携帯電話・スマホの「おサイフケータイ」機能を使っての利用となります。
「iD」は、NTTドコモユーザーに限られます。
「クイックペイ(QUICPay)」は、NTTドコモ、au、SoftBanユーザーなら利用できます。

●セゾンカードは、カード会員向けネットショッピングモール「セゾンポイントモール」を運営していて、最大30倍でポイントが付きます。
楽天市場、Yahooショッピング、ヤフオク、アマゾン、Expedia(エクスペディア)、JTB、近畿日本ツーリスト、じゃらん、H.I.S.、ANAスカイウェブ、JALパック、日本旅行、阪急交通社、ベルメゾン、セシール、ニッセン、ポンパレモール、無印良品、東急ハンズ、Francfranc ONLINE SHOPなど多数のショップが参加しています。
ネットショッピングの際は、利用予定のネットショップが「セゾンポイントモール」に参加していないかをチェックして、参加していたら「セゾンポイントモール」経由でショッピングをすることで、ポイントをお得に獲得するようにするといいです。

貯まったポイントの利用と交換
『セゾンカード・インターナショナル』を含め、セゾンカードの「永久不滅ポイント」の有効期限は無期限です。
「永久不滅ポイント」ポイントは、じっくり時間をかけて貯められますし、使い道が豊富なのも特長です。

商品やグッズへの交換は100ポイントからギフトカードへの交換も100ポイントからとなっています。交換できるギフトカードとしては、LINEギフトコード、Amazonギフト券、スターバックスカード、L.L.Bean Clubディスカウントクーポン、UCギフトカード、PARCOお買物券、SEIYUショッピングカード、プリンスチケット、パルコ商品券、東京ミッドタウンショッピングチケット、ナイストリップ(JTB旅行券)、ベルメゾンお買い物券、出光キャッシュプリカ、ユニクロオンラインギフトカード、等があります。

●カード利用代金に充当(キャッシュバック)することができます。申し込み単位は、200ポイント以上です。ただ、「1ポイント=4.5円」換算になりますので、もともとのポイント価値「1ポイント=5円相当」に比べて0.5円のマイナスになります。

●カード会員モール「永久不滅.com」で使える「永久不滅ウォレット」へ交換して、買い物代金支払いに充てることができます。申し込み単位は、100ポイント以上です。ただ、「1ポイント=4.5円」換算になりますので、もともとのポイント価値「1ポイント=5円相当」に比べて0.5円のマイナスになります。

●ポイントを他のポイントプログラムへの移行は100ポイントまたは200ポイントからとなっています。移行先としては、ANAマイル(ANAマイレージクラブ)、Tポイント、JALマイル、nanacoポイント、ウェブマネー、dポイント、au WALLET ポイント、ベルメゾンポイント、ANA SKYコイン、MUJI ショッピングポイント、プリンスポイント、ラフォーレポイント、楽天スーパーポイント、Suica入金(チャージ)、メトロポイント、等があります。

『セゾンカード・インターナショナル』ETCカードの作り方(申し込みの流れ)

1

『セゾンカード・インターナショナル』公式ページへアクセスします。スマートフォンにも対応しています。
19:30以降にお申し込みの場合は、翌営業日のお手続き扱いとなります。ですので、当日中に受け取りたい場合は、審査の時間や『セゾンカウンター』がある商業施設の営業時間のことも考えると、18時頃までには申し込みを済ませておきたいところです。

 


2

申し込みページへ進み、必要事項を入力していきます。

申し込みページで国際カードブランドの選択が最初にあります。
 JCB VISA マスターカード
JCB、VISA、マスターカードの各ブランドから希望のブランドを選びます。
海外旅行の予定がある方は、海外での加盟店が充実しているVISAマスターカードがおすすめです。

申し込み画面の入力を進んでいくと、ETCカードの申し込みについての項目があります。
ETCカードを即日発行で作りたい場合は、ここで、「ETCカードを申し込まない」にチェックを入れます。
ここで、「ETCカードを申し込む」にチェックを入れると、セゾンカードのネット申し込みのシステム上、ETCカードについては郵送扱いとなってしまうからです。
郵送で受け取る方は、「ETCカードを申し込む」にチェックを入れてOKです。

↓これが、ETCカードの申し込みについての項目画面です。
セゾンカードETCの申し込み画面画像

ETCカードを申し込むのは、『セゾンカウンター』でセゾンカードインターナショナルを受け取る時にです。

 


3

通常、30分以内に「受付完了メール」が届きます。
あくまで、申し込みを受け付けましたというメールで、まだ審査に通ったわけではありません。
30分を過ぎる場合もあります。

 


4

申し込みを確認する電話があります。
電話は10:00〜20:00の間となります。
手続きの結果によってはお電話をおかけしない場合もあります。

 


5

当日中に、審査結果のメールが届きます。
審査状況や、未成年の方の場合は親権者の同意確認により、お時間をいただく場合がございます。

 


6

『セゾンカウンター』で受け取りの方は、審査結果メール到着後、当日中または7日以内に、申し込み画面で指定した店舗の『セゾンカウンター』へ受け取りに行ってください。
受け取りがない場合、解約となり、再度お申し込みが必要となります。

ETCカードも即日発行で作りたい方は、『セゾンカウンター』でセゾンカードインターナショナルを受け取る際に、ETCカードを作りたいと申し出てください
『セゾンカウンター』にて、すぐにETCカードの発行がされます。(カウンターの混雑具合で多少時間がかかることもあり)

クレジットカードもETCカードも、受け取ったら、カード裏面にサインをし、その時から使うことができます。

【セゾンカウンターでカード受け取りに必要なもの】
1.受付番号
2.本人確認書類(運転免許証または運転経歴証明書・保険証、パスポート、在留カード・特別永住者証明書・外国人登録証明書のいずれか一点)
3.金融機関のお届け印
4.キャッシュカード・通帳などの口座番号がわかるもの


郵送で受け取りの方には、最短3営業日後にカードを発送します。
本人限定受取郵便(特定事項伝達型)での発送となりますので、受け取り時に配達員さんへ、本人確認書類いずれか一点を提示してください。
ETCカード別途発送となる場合もあります(1日〜2日後発送)。

 


7

郵送受け取りの方は、カードが届いたら、カードの裏面の署名欄にサインをします。
サインをすればすぐに使えます。
サインは漢字、ひらがな、カタカナ、ローマ字、どれで書いても構いません。
筆記用具は、個人的には、細書きのサインペンがいいと思います。
サインをしないでカードを使っていて、もし盗難や紛失でもして、他人に不正に使われた場合、サインが書かれていないという理由で補償がされないこともあり得ますので、とにかく届いたらサインをするといいです。

ETCカードの使い方については「ETCカードの使い方」ページをご覧ください。